カテゴリ:Camp & Outdoor( 86 )
カヤック2日目
3連休の月曜日も、カヤックして来ました。今回はLake Georgina(ジョージア湖)という小さな湖なのですが、誰もいない、、、。NZって、本当に人がいないところが沢山あります。カヤックの後方(左側)が少し白くなっていますが、これはこの湖までの道が砂利道で、その石埃がついたもの(カヤックを車の上に乗せて運転したのですが、後方がどうしても汚れる)。
e0114229_16160570.jpg


風が強かったものの、対岸に渡りランチタイム(向こうの山の手前、湖そばに小さく車が見えます)。風もあったのでここまで来るのは数分でした。
e0114229_16133906.jpg



結局ランチ後は、湖を一周。風に向かい、オール(パドルという)を漕ぐ。カヤックの使うパドルは、両端に水かきがついています(なので両再度で漕ぐ)。ライフジャケットは常に着用。
e0114229_16142726.jpg


湖一周終えて、ホッと一息。カヤックって何着ればいいんだろう、、、と思ったのですが、動きやすいランニング用のレギングスに、長袖とウインドブレーカー着用。足元は濡れても大丈夫なスニーカーを履きました。二日連続のカヤック、楽しかったです!
e0114229_16152187.jpg

[PR]
by bluecheese_jp | 2018-10-09 12:30 | Camp & Outdoor | Comments(0)
NZでカヤック初挑戦
先日、Damianがカヤックを購入しました。二人用のカヤック。注文後に製造する流れなのですが、なんと最初にできましたよーと連絡来たのが、一人用で色も全く違うタイプ、、、。先方が間違えたようです。一体どうやったらこうなるんだろう、NZ大丈夫か?と心配したのですが、ようやく再度製造した二人用のカヤックが届きました。

日曜日に、初めて車に積んで湖まで行って見ました。Lake Herron(ヘロン湖)という、家から1時間ぐらいの湖です。ちなみにHerronとは、サギという意味。サギはいませんでしたが、カモがいました(近くの湖では黒鳥もいた)。
e0114229_16213753.jpg

二人用のカヤック。前の席は私が座り、後方(パワーがいる)はDamianです。
e0114229_16221343.jpg


この日はとってもいいお天気!晴天で、また風もほとんどなく、水の上を楽しみました。湖からの写真も撮りたかったのですが、携帯をカヤックに持ち込む勇気なし(水に濡れるし、落ちたら終わりなので)。防水加工のカメラ、必要かなー。
e0114229_16225481.jpg

カヤックからは、魚(鱒)も見えました。こちらは岸に上がった後に撮った写真ですが、岸(石のところ)に魚がいるのが見えるかなー?
e0114229_16232794.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-10-08 09:30 | Camp & Outdoor | Comments(0)
7時間のハイキング
今日はDamianもオフだったので、一緒にハイキングをすることにしました。家の近くにハイキングトラックあるよ、とスキーガイドのマークさんに聞いて早速行ってみることに。

駐車場もあり、お天気も良く、空気も爽やかでハイキング日和!とはいえ、3時間ぐらいの平たいところでのハイキングを想定していたのですが、地図を見るとなんとアップダウンありの合計5時間とのこと。ま、いいか、頑張るか!ということでチャレンジ。
e0114229_15531872.jpg


最初の30分は森の中。日陰で少し寒いぐらい。NZならではのシダ植物がたくさんありました。この辺はまだまだ余裕。
e0114229_15534795.png


丘の上に来ると、コケが緑の絨毯のように生えていて、とてもきれいでした。ちょうど平たくなったので、とっても快適。
e0114229_15550589.png


開けたところまで来ると、日差しも出ていてとても暖かい!ここのベンチで最初のランチタイム。ここまで1時間半ぐらいでした。チーズとハムのサンドイッチを食べて、エネルギー補給。
e0114229_15560211.png


開けた丘を行くのは結構楽しいものです。てくてくと歩いていくと、、、、。
e0114229_15580064.png


おお、こんなにきれいな光景が! 雪が積もった山が見えてきて、しかも植物も多様性が出てきて、楽しいハイキング。
e0114229_15590598.png


ちょっと砂利っぽい坂を横切るところもありましたが、余裕、余裕。背景には、ニュージーランドののどかな風景(羊と牛の牧草地)が広がります。
e0114229_15594839.png



そして前を見ると、、、、Mt Huttが正面に見えました。太陽もサンサンと輝き、なんとも嬉しい景色です。Mt Huttはスキー場なのですが、スキーリフトや、滑っている人(米粒?)も見えました。
e0114229_16003524.png


きれいな雪山に向かって、太陽を浴びながら歩くのはとっても楽しい。
e0114229_16012839.png


折り返し地点で2回目のランチ。ここまででだいたい3時間でした。(ここまでは余裕だったんですよね、、、)
e0114229_16023012.png


帰りは下りだから、多分2時間ぐらいで降りれるよね、なんて気軽に話していたのが懐かしい、、、。途中で携帯のGPSと地図で確認しながらの下山。
e0114229_16034357.png



そしたら!こんな川にたどり着きました、、、、。なんと、川沿いを4kmぐらいも歩くことに。ただ単に川沿いを歩くのではなく、川の中をかなりジグザグに歩くというルートになりました105.png

私は登山靴を履いておらず、運動靴。山からの冷たい水に足を入れてジャブジャブと川を横切るのを、多分20回ぐらいやりました、、、。
e0114229_16044159.png



結局ここの川沿いを歩くので2時間ほどかかり、駐車場に戻ったのは、歩き始めてから7時間後という、、、、、。最初は3時間ぐらいの予定だったのに。いやー最後にとんだハプニングのハイキングでしたが、Damianと一緒にあーだこーだ言いながら歩くのはなかなか面白かったです。今夜はよく寝れるわ!!!!


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-01 19:30 | Camp & Outdoor | Comments(0)
道路で出会った羊たち
先日のドライブで出会った羊たち。田舎の道だと、羊たちが柵のこっち側(道側)にいることが多いです。おかげで至近距離で羊たちを見れるのはいいのですが、車に当たらないかしら、とはらはらするのも事実。

しかし羊たち、ぼーっとしているようで、動作は機敏です。カメラを構えるたびに、ささっと遠くに逃げていく、、、、。
e0114229_11211239.jpg

なんとか正面を撮れたこの羊さん。毛がふわふわしていて、チュチュを履いているかのよう。なんだかとっても癒されました113.png
e0114229_11220995.jpg

なお、子羊たちは尻尾がまだ長いのですが、大人になる前に尻尾は短く切られてしまいます。衛生上、お尻の周りを清潔にする必要があるとか。そして牧場にいる羊たちは、ほとんどメスだそうです。オスは肉用に出荷され、メスは子供の繁殖とウール用に5-6年飼育されるそうです。




[PR]
by bluecheese_jp | 2017-11-06 11:17 | Camp & Outdoor | Comments(0)
NZ家の近所をドライブ
今日は家の近所をドライブ。いつもDamianがヘリスキーの仕事をしている時、最寄りの村から川沿いの農場まで運転していきます(45分ぐらい)。この農場からヘリコプターに乗ってスキーに行くらしいのですが、その農場までドライブしてきました。

私も通ったことのない道。観光客もいない静かなところですが、川沿いの風景はやっぱり圧倒されます。春になり、もうすぐ夏が目の前。なので風景にも色が加わり、とてもいい気分。iPhoneで写真はとったのですが、なかなかいい出来です。
e0114229_11053311.jpg

羊たちも好き勝手に歩いています。この道、柵から出ている羊の率、結構多し。。。。羊の赤ちゃんもかなり育ってきて、もう赤ちゃんではなくて立派な子供です。
e0114229_11063272.jpg

それにしてもいい天気。実際はかなり風が強かったのですが、それでも青い空が眺めることが出来て、とても気持ちいい。
e0114229_11074678.jpg

ヘリコプターに乗るという農場にて。ここはBed & Breakfastもやっているようで、宿泊も可能。羊も牛もいて、なんとものどかな風景でした。
e0114229_11085785.jpg

帰り道。ちょうどこの辺りに、鮭の養殖をしている家があるらしく、「この農場買ったらいいんじゃない?」なんて冗談をいいながら歩きました(笑)。そんなに気軽に買えないよ!
e0114229_11095606.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2017-11-05 11:01 | Camp & Outdoor | Comments(0)
Lake Tasman
ようやくMt. Cookに到着したのは午後3時ごろ(笑)。日帰りだったので、簡単なハイキングをすることにしました。初めて行ってみた、Tasman氷河と湖の遊歩道。ちょっとした丘を登るのですが(15分ぐらい)、パイを食べた後なのでいい運動になりました。
e0114229_16064858.jpg

丘を登り、振り返るとこんな風景が広がります。もともと氷河で埋め尽くされていたから、両端の山と山の間がめっちゃくちゃ平らになっています。
e0114229_16071351.jpg

こちらはTasman湖。氷河の最後が溶けて湖になったところです。氷河の向こうの岸が灰色になっているのですが、それが現在まだ残る氷河。ここを起点として、20kmぐらい続いているそうです。
e0114229_16073740.jpg
地図を見る兄妹。写真の向こうに湖が写っていますが、ボートに乗っている人もいました。なんと彼らは、ボートから湖に飛び込んで、泳いでいましたよ。。。水冷たいんじゃないかな。
e0114229_16080883.jpg

氷河を見渡すDamian。なかなか良い30分ハイキングでした。
e0114229_05020043.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2017-10-14 14:03 | Camp & Outdoor | Comments(0)
プカキ湖にて
Farlieでパイを食べた後、さらに車を走らせてMt. Cookに向かいました。すると雨も上がってきた!Farlieからテカポ湖、そしてプカキ湖の間はとても乾燥した地帯なので、雨も降りにくいらしい。プカキ湖では少し休憩して、湖のほとりまで行きました。水面に空が映し出されて、美しい。DamianとNiciの兄妹ショット。
e0114229_15545836.jpg

こちらもなかなかいい感じに写真が撮れました!
e0114229_15552636.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2017-10-13 12:54 | Camp & Outdoor | Comments(0)
Lake Pukaki と Tekapo
Mt Cookからの帰りに、プカキ湖で休憩。Mt. Cookが正面に見えて気持ちいい! 観光客にはお隣のテカポ湖が有名ですが、この湖もきれいなんですよね。ちなみに、湖の休憩所ではサーモンを販売しているんです。
e0114229_16224651.jpg


なので買ってみました。お刺身用! なつかしい魚の形をしたお醤油といっしょに、わさび、割り箸もくれましたよ。
e0114229_16232117.jpg


広大な自然のなかで食べるお刺身は、美味しい! 脂がのったサーモンというより、かなり身が締まったサーモンでした。これはこれで美味しいな〜。
e0114229_16235344.jpg


お刺身を食べたあとは、テカポ湖の近くにある天文台のある丘に行きました。カンタベリー大学が保持しているこの丘(山、といったほうがいいのかしら)、道路にはいるのに8ドル必要です。でも行ってよかった! 山々と小さな湖がきれいに見えました。
e0114229_16241889.jpg

こちらは本場、テカポ湖です。
e0114229_16244151.jpg

テカポ湖の町が湖の向こうに見えます。町、というより、道沿いに集まる家々。やっぱりきれいな自然があるので、土地も高くなってきているそうな。それにしても、湖に空の雲が写り、きれい!
e0114229_16252547.jpg



天文台にあるカフェにて。グリークラップを食べました。この粉でできたラップに中身をくるっと丸めて食べるのですが、サラダ、ヨーグルト、ひよこ豆のボールがあって、美味しかった!!
e0114229_16255216.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2017-09-26 15:21 | Camp & Outdoor | Comments(0)
Mt. Cook - 先週は2回行きました
実は先週、2回もMt. Cookに行ったんですよね。Damianがずっと現地で仕事だったので、送りに行き、そして迎えに行ったという。約300km、3時間ちょっとで行けます。

2回目は土砂降りの中向かったのですが、翌朝はぴかーんと晴れました。なので帰る前に少し歩きに行きました。

ここ、見るたびにイタリアのジェラードを思い出してしまう、、、。
e0114229_16191998.jpg


Kea Pointというところまでの探索は、往復で45分ぐらい。平なので歩きやすく、そしてこの景色! Mt Cookがくっきりと見えます。そして断崖にみえるのは氷河のメレイン。すごいな〜。手前の水の色も、複数あってきれいです。
e0114229_16194849.jpg


谷に挟まれた、フラットな土地。氷河が昔あったとかでこんなに平らなのです。
e0114229_16201906.jpg

おまけ:Damianの職場。いろんな山のギアがあります。すごいな〜。
e0114229_16203392.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2017-09-25 15:18 | Camp & Outdoor | Comments(0)
アメリカの友人とFitbitで競争
先週までのアメリカ出張で、Fitbit友達となったアメリカの同僚。同僚、、、というより、部署も全然違うので(ファイナンスの女性と製造品質の男性)、普段なら会わない人たちです。会社のミーティングで、それぞれ腕にFitbitをしているのを見つけ、そこから話をしたらFitbitで繋がろうということになりました。FitbitではFacebookみたいに友達申請ができるみたいで、そこから発展して今週は3人でどれだけ歩いたかの競争をバーチャルにクラウドですることになったわけです。

腕にはめているFitbitは時計、万歩計のほか、心拍数やカロリーも教えてくれるのですが、ここの競争では万歩計のみ。FitbitがiPhoneのアプリと同期して、それがクラウドに保存され、友達となった二人の万歩計のカウントも同時進行で見れるのです。テクノロジーって、すごいな〜(笑)。
e0114229_8525150.png

面白いのが、アメリカと時差があるので、日本で私が朝起きたら二人のカウントがものすごく上がっていること(アメリカは夕方ぐらいのため)。彼らの歩数が上がっていると、こっちもかなりやる気になります(笑)。

なお平日1週間(月から金まで)の間の歩数で競争するのですが、アメリカ時間を採用。ということで、時差もあり私は土曜日(今日)の分がカウントされるということがわかりました。ま、その分、初日の月曜日(日本時間)はカウントされていないのですが。

ちょうど木、金と全く運動できていなかったので(そんな日はなんと1日歩数も3000弱、、、恐ろしい)、今朝から張り切って45分のジョギングに行ってきました。そしてこのあと、紅葉を見がてらDamianと歩きに行こうかなとも思っています。ま、それでも二人にはまだ追いつけていないのですが(トップの彼は、水曜日に10km走ったらしい)、なかなかこういうのがあると、「今日は走るのいいか」って思う時でも、「ん、でも歩数稼いどかなきゃ」と考えるようになるので、適度な競争はよいモチベーションをもたらすって本当だな〜と思います。笑ったのが、ファイナンスの女性が、「これすると、夜中にトイレ行く時でも歩数かせがなきゃ!って思って歩く」と言っていたこと。みんな、必死(笑)。

それにしても、何度も言いますが、最近のテクノロジーとツールは、すごいな〜。
[PR]
by bluecheese_jp | 2016-10-22 08:50 | Camp & Outdoor | Comments(0)



夏はNZ(現地は冬)、冬は白馬の生活を送っています。趣味は料理と食べること、そして田舎暮らし。最近はゆるい糖質オフダイエット中。
by bluecheese_jp
Links
カテゴリ
全体
Introduction
Ski & Snowboard
Camp & Outdoor
Food
Work
Lloyd
Travel
Garden & Hatake
House
Magazine
Camera
未分類
タグ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新のコメント
★ biostat_ca..
by bluecheese_jp at 03:38
私もkindleをオーダ..
by biostat_cat at 10:10
★biostat_cat..
by bluecheese_jp at 06:09
私はほぼ毎回海外出張のた..
by biostat_cat at 20:15
★biostat_cat..
by bluecheese_jp at 01:40
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧