カテゴリ:Food( 558 )
サンディエゴでの料理
サンディエゴについて数日。週末から仕事だったので、曜日の感覚がずれてしまって困りました。でも仕事自体は楽しく進んでいます。



アメリカの良いところは、食事。もちろんハンバーガーやファーストフード、ジャンクフードもありますが、創造的で新しいメニューもあります。お店を選べば、ですが。このサラダ、グリルした魚も美味しかったし、マイルドなゴートチーズも最高でした。
e0114229_06145529.jpg


別の日のディナー。ツナをパイ生地で焼いたもの。大皿料理で、みんなでシェア。マグロを日本ではこんな風に食べないので、新鮮だし美味しかったです。
e0114229_06150370.jpg



ミーティングの合間にジョギング、、、。が、疲れて1.5キロで歩き始めた。たまにはこういうのもアリでしょう。歩いたおかげでゆっくり写真も撮れました。
e0114229_06151076.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-10-17 10:30 | Food | Comments(0)
インドで幸せな朝ごはん
インド(デリ)に到着しました。シンガポールからのフライトでは爆睡。ホテルに到着したのが夜10時でしたが、すぐにベッドに直行。

朝、目をさましたのは5時。暗闇の中、ホテルのジムで4キロ走り、仕事をして、朝ごはんに来ました。


もー、インド最高。全部美味しい!一口食べた瞬間ににっこりしてしまいました。大げさですが、私にとって生きている意味は、美味しいものを食べること。幸せなひととき。

カラフルなペーストはたぶんロティに絡めて食べるのでしょうが、糖質控えているのでペーストだけ食べました。トマトいりだったり、コリアンダーいりだったり、ココナッツ風味だったり。この味はアジアにはないなー。そして豆とカレーの美味しいこと!
e0114229_12325970.jpg


2回目のお皿。スープも生姜が効いていて美味しい。ベーコンも風味がある。いやはやら朝から幸せな時間を過ごしました。
e0114229_12330308.jpg

これでお腹いっぱいだったのですが、この後インド出身の同僚がきて、これを食べなきゃダメだよ!と勝手に注文してくれた一品。Dosa(ドーサ)と言われるもの。米粉と豆粉を水で混ぜて一晩発酵させ(30度ぐらいの気温)、玉ねぎを入れたものだそうです。穴が空いているので、ペースト(チャツネと言ってみました)やスープと一緒に食べるといいらしい。これも美味しかったなあ。
e0114229_18575415.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-30 12:30 | Food | Comments(0)
パブでランチ
ゴールドコースト最終日は車で一時間のブリスベンまで来ました。
e0114229_16241942.jpg


最後のファミリーランチ。それぞれ好きな飲み物と食べ物をカウンターで注文し、支払いをしてテーブルに戻るという方式です。
e0114229_16244933.jpg


私が選んだのは生牡蠣。オーストラリアの生牡蠣って小ぶりで美味しい。六個頼んだら、一個足りなかったようで、かわりにバグの半身をくれました。食べてみたら、、、ま、ロブスターのような味でした。
e0114229_16251571.jpg


その後はサラダにグリルしたサーモン。美味しかったけど、お腹いっぱいになり苦しかった、、、!
e0114229_16255753.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-28 11:30 | Food | Comments(0)
カフェ飯
月曜日の朝ごはん。ホテル近所の別のカフェへ。オーストラリアって、本当にカフェ天国です。
e0114229_09512138.jpg


インテリアもさっぱり、でも個性がある。そして店員さんがとても魅力的。
e0114229_09514717.jpg


アボガドトーストに、ポーチドエッグ。ここでもアーモンドを砕いてローストしたのが載っていました。
e0114229_09524727.jpg


Damianの朝ごはん。オーストラリアのベーコン、世界一です。横から一切れ、美味しくいただきました!
e0114229_09525885.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-28 09:30 | Food | Comments(0)
オーストラリアの魚屋さん
日曜日の午後は、Damianのお父さんファミリーとバーベキュー。魚屋さんに寄り、海老と魚を買って持って行くことにしました。


こちら、オーストラリアといえば、の茹で海老。ごそっと紙袋にいれて、レモン汁を絞ってビーチで食べる人、たくさんいます。
e0114229_09012692.jpg



蟹もいましたが、私がよく見るアジアの蟹とは大違い。色鮮やかで、また形がなんとも面白い。
e0114229_09013353.jpg



こちらは、、、ロブスターではありません。シャコみたいだけど大きさが違うし、何だろう?英語ではバグと言われるのですが、調べたらザリガニの一種とか。オーストラリアだけで採れるシーフードです。食べれる実は尻尾らしい。
e0114229_09014260.jpg


そしてオーストラリアの牡蠣!日本のより小ぶりです。生牡蠣大好きなので、買おうかと思ったものの、我慢しました。結局生海老と白身魚を買い、バーベキューして食べましたが、美味しかった!
e0114229_09020354.jpg


おまけ。夕暮れに魚釣りをするDamianと弟のルーク。いい景色です。
e0114229_09022803.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-27 11:30 | Food | Comments(0)
ビーチカフェ
ビーチ沿いの散歩の後は、カフェで一休み。Tweed Headという所にあるカフェです。外にベンチやテーブルがあり、気持ちいい。
e0114229_08553049.jpg


Damianは珍しく、キュウリ、ミント、ほうれん草、リンゴ、生姜のジュース。青いのが苦手な私は、パッションフルーツ、グリークヨーグルト、蜂蜜、バナナのスムージー。オーストラリアに来るとパッションフルーツがとても美味しいので、いつもこの果物のメニューを選んでしまいます。
e0114229_08553833.jpg


カフェのコースターも、ビーチカルチャーたっぷり。気持ち良いひと時でした。
e0114229_08555963.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-26 11:30 | Food | Comments(0)
シンガポール料理
シンガポールでは、初日に肉骨茶を食べました。シンガポールのバクテーは、スープが透明。骨つき肉は苦手なので薄い豚モモ肉にしましたが、やっぱり美味しい。10時間のフライトで疲れた体には優しい食事でした。そして野沢菜のような漬物を炒めたお皿。100円ぐらいでしたが、これも美味しい!
e0114229_15122155.jpg


こちらはある日のランチ。みんなで広東料理。豚の形をした饅頭が可愛らしい。しかし、シンガポール滞在中はよく食べた!
e0114229_15123859.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-23 15:11 | Food | Comments(0)
ラム肉のミートボール
ラム肉(子羊)は少し苦手なのですが、最近それでもたまに料理するのがこのミートボール。肉の臭みを取るために、たくさんの香辛料を入れます。この日使ったレシピは「モロッコ風のラム肉ミートボール」だったのですが、クミン、コリアンダー、パプリカ、シナモン、カイエンヌペッパーなど。これらは全て乾燥スパイスなのですが、さらに細かく切ったニンニク、パセリを加えました。卵とパン粉を少々加えるのは日本のレシピと同じです。
e0114229_05154785.jpg

手に油をつけて丸めた後は、オーブンで200度で20分ほど焼いて終了。付け合わせのソースは、ヨーグルト、ミントの葉とガーリックを刻んだもの、塩、レモン汁を混ぜただけですが、これがさっぱりしていてとっても美味しいのです。

またしばらくしたら、ミートボール作ろうっと!




[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-14 09:30 | Food | Comments(0)
中国での買い物:黒酢
豆板醤と一緒に購入したのが、黒酢。こちらは現地スタッフがお気に入りのブランドがスーパーになかったのですが、「黒酢といえば山西省」だそうです。そしてまた、「どうせ買うなら高いのを買った方がいい」といアドバイス(笑)をもらい、8年ものの黒酢にしました。これで確かお値段が500円ぐらい。

この写真はNZの食品庫の棚をとったので、黒酢以外も入っています。が、この黒酢(東湖八年)、確かに濃厚。液は普通のお酢と一緒でさらりとしていますが、色がかなり濃く、味も深みがある(お酒入っているかなと思うほど)。8年もの、なので発酵しているからかなあ。餃子と一緒に食べて見ましたが、美味しかったです!
e0114229_15304498.jpg


[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-12 09:30 | Food | Comments(0)
中国での買い物:豆板醤と豆板辣醤
中国での買い物は、スーパーで調味料でした。泊まっていたホテルの地下がスーパーだよ、聞いて、現地のスタッフと一緒に行ってきました。彼女は北京に住んでいるのですが、なにせスーパーが巨大だったので、豆板醤を一緒に探してくれ助かりました。

豆板醤が買いたいとずっと言い続けていたのですが、彼女いわく、豆板醤は本来辛くないとのこと。これを聞いてびっくり!

後でウェブ調べたら、確かに「ソラマメにダイズ、米、大豆油、ごま油、塩、唐辛子などの原料を加えて作る中国の北方に多い醬を豆板醤という。本来は唐辛子を入れずにソラマメだけで作ったものを豆板醤と呼び、辛い豆板醤を特に豆板醤と呼んでいる」とありました。

日本で親しんでいる辛い豆板醤は、「豆板醤」だったのですね、、、。


実際の豆板醤がこちら。右側のパッケージがそうなのですが、確かに Soybean Paste と書いてあり、赤味噌のような色でした。左は唐辛子入りタイプのペーストですが、表記が「豆」となっており、豆 + 辣(チリ)とあります。
e0114229_15043373.png


豆板醤で麻婆豆腐を作るの、と現地のスタッフに伝えると、中国人の中で麻婆豆腐によく使う辛いペーストの定番といえば、左のおばさんマークのブランドだそうです。こちらは唐辛子、油、ニンニク、そしてなんとピーナツが入っていました(なので豆板醤ではなく、油辣と記載されていました)。
e0114229_15034374.png


写真真ん中が日本でも馴染みのある「李錦記」のブランド。私はこれがいわゆる豆板醤と思っていたのですが、蒜蓉辣椒酱とありました。ニンニク、米酢、唐辛子が入ったペーストです。
一番右が、甜麺醤(テンメンジャン)で、赤味噌に砂糖を入れたようなもの。ちなみに「李錦記」は香港のメーカーで、中国でも結構いい製品として知られているらしい(笑)。


NZに帰国した時に、アジア食材店に立ち寄り豆腐をゲット。早速その日の夜に麻婆豆腐を作って見ました。購入した3つの瓶を調味料に使ったら、確かに美味しい!辛すぎず、濃くもあり、そして何と言ってもおばさんマークの瓶に入っていた生ピーナツが、いい仕事している!!!

今度は同じタレで、麻婆茄子を作ってみようと思います。



[PR]
by bluecheese_jp | 2018-09-10 12:30 | Food | Comments(0)



夏はNZ(現地は冬)、冬は白馬の生活を送っています。趣味は料理と食べること、そして田舎暮らし。最近はゆるい糖質オフダイエット中。
by bluecheese_jp
Links
カテゴリ
全体
Introduction
Ski & Snowboard
Camp & Outdoor
Food
Work
Lloyd
Travel
Garden & Hatake
House
Magazine
Camera
未分類
タグ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新のコメント
★biostat_cat..
by bluecheese_jp at 06:09
私はほぼ毎回海外出張のた..
by biostat_cat at 20:15
★biostat_cat..
by bluecheese_jp at 01:40
大変でしたね。。最期そば..
by biostat_cat at 10:52
★紀子さん! ありがとう..
by bluecheese_jp at 08:10
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧